結婚指輪選び-自分たちにあうマリッジリングを-形編

マリッジリングを選ぶときに、どんなポイントを気にして選ぶと良いか難しいですよね?毎日身につけるマリッジリングだからこそ、自分にピッタリのリングを選びたいですよね!
今回は、指輪選びの際のリングの形についてそれぞれの見え方の違いなどをご紹介します。これらを参考に、自分に似合う形やフィットすると感じる形を見つけていきましょう!

リングの形

Koo-fu  Weddingでは、4つの形をモチーフにリングをデザインしています。それぞれ指にはめると見え方も異なります。
結婚指輪の形

  • ストレート
  • ウェーブ
  • V字・U字
  • その他

 

ストレートライン

ストレートラインは、オーソドックスなデザインで、指輪の存在感もあり、シンプルで一番人気のデザインです。服装やシーンを選ばず、重ね付けもしやすいため、毎日身につけるマリッジリングにおすすめです。

ストレートデザインのマリッジリング

ウェーブライン

ストレートラインのリングと比べ、ウェーブはエレガントなイメージになります。曲線が多用されているため、指当たりが滑らかです。
また、指が細く見える効果があります。指が太い・関節が目立つと感じる方にはおすすめの形です。

ウェーブデザインのマリッジリング

V字・U字ライン

視線を誘導することで縦ラインが強調されるため、縦長効果があり、指を細く長く見せてくれます。また、女性らしい曲線が指を美しくみせてくれます。Vの深さやアームのフォルムによってイメージも大きく変わるため、個性を出しやすい形のリングです。
V字の切れ込みが深いものは、スタイリッシュな雰囲気に、V字よりもさらにゆるやかなU字だと、やわらかくて優しい雰囲気になります。
シャープなデザインが好きな方、指をきれいに見せたい方におすすめの形です。

V字・U字デザインのマリッジリング

その他

今回ご紹介した3つの形のほかに、シグネットタイプのマリッジリングもございます。シグネットタイプのリングは、指輪の上部にある「台座(だいざ)」と呼ばれる部分が、大きく平坦な形をしたデザインの指輪のことです。シグネットリングの歴史は古く、その始まりは紀元前およそ3500年前になり、王たちは自分の名前や自らを示すための印などを刻んだ指輪を身につけるようになりました。
現在では、「品がある」リングとして、老若男女問わず幅広い世代の人々に愛されています。

その他のマリッジリング

それぞれの形による違いについてご紹介しました。
Koo-fu Weddingでは様々なデザインのマリッジリングをご用意しております。お好みにあわせて、お選びいただけます。

つけ心地をチェックしたいという方には、やまなしジュエリーショップにて試着し、つけ心地を確認することも可能です。店頭ではブライダル専門のアドバイザーもおりますので、お気軽にご相談ください。

また、マリッジリング選びに関するご相談は、オンラインでも承っております。
オンラインサポートはこちらから、お問い合せください。

 

リングの形状から選ぶ方法もご紹介しています。あわせて、ご覧ください。
https://koo-fu.com/blogs/column/ringserabi